わきがWEBドットコムはわきがでお悩みの方への情報提供サイトです。
わきがWEB.com
わきがトップページ
わきがとは
わきがの原因
わきがQ&A
わきがの予防
 
わきがの治療
 
わきがの手術
 
わきが治療の問題点
 

わきがの手術

わきがの手術方法

わきがの手術方法は以下の4種類です
切除法
わきの下の有毛部の汗腺や皮脂腺、毛根を切り取り、縫い合わせます。傷が大きくなることと、ひきつれを起こしたり取り残しが発生してしまうこともあり、現在はほとんど行われていないようです。

吸引法
わきの下の皮膚を数ミリ切開し、そこからエクリン腺やアポクリン腺を吸引しようとする方法です。皮膚の生着も早く、傷跡もほとんど残らないという長所はありますが、汗腺の一部が残ってしまうことがあり、再発する場合もあります。

超音波法
わきの下の皮膚に穴を開け、直径2ミリ程度の超音波を発振する管を入れ、血管や神経を避けて、汗腺のみを破砕しながら吸引する方法です。術後の血腫形成や皮膚壊死などの心配が無く、皮膚の生着も早いですが、やけどや組織内水腫の合併症の報告もあり、また汗腺の一部が残ってしまうこともあります。

削除法
わきの下の皮膚の一部を切開し、汗腺を削除するための特殊な器具を挿入し、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺まで除去する方法です。しかし直接、汗腺の残存を確認できないので取り残しがでる可能性もあります。美容外科ではよく行われています。

剪除法
わきの下の皮膚を3〜4センチ切開し、皮下組織内のアポクリン汗腺を直接目で確認し、取り除く方法です。重度のわきがに対しては最も確実性の高い方法で、技術が十分であれば再発することはありません。またわきがの手術の中で唯一健康保険が適用される方法でもあります。ただ傷痕が残ったり、手術後の圧迫や経過がやや長いという欠点はあります。

わきが手術について(剪除法)

時間
60分〜90分程度

費用
保険適用・・・3万〜5万 保険適用なし・・・25万〜30万
剪除法ならば、普通は保険がききますが、美容外科などでは保険を取り扱っていないところもあるので、よく調べる必要があります。

入院
ほとんどは日帰りできます。

わきが手術後のケア
数日間わきの下を包帯で圧迫固定します。抜糸までは約一週間で、その間は重いものを持ったり腕を上げたりしないようにします。事務職など軽い仕事ならば休む必要はありません。術後、最低3〜5回の通院が必要です。

 

美容整形の謎にせまる美容整形WEB!

美容外科なら美容外科WEB

全国の美容外科のリンク集
美容外科ナビ


わきがWEB
Copyright © www.pencil.co.jp Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。
リンクを希望される方は「わきがへのリンクについて」をご覧ください。